安全性と利便性を重視!駐車場を経営する際の注意点

部屋

工夫をしないと駐車場契約がもらえない

停車位置を明確にしたデザインの駐車場があります。契約者ごとにスペースを割り当てるだけでなく、誰が、どこに、どのような車種を駐車するのかが分かることで、防犯性もアピールできる利点があります。不動産投資では賃貸経営の収益がポイントになりますので、初期投資コストを抑制しながら、賃貸借契約に基づく家賃収入を安定させられるかが問われます。駐車場の場合にも、賃貸住宅の入居者のように求める要素がありますので、できるだけ求められる要素に配慮する必要があります。住宅地では防犯性が問われますが、住宅地は近隣の居住者が契約する場合が多く、盗難防止や、いたずら防止が重要になります。契約者以外は立ち入りしにくいように、見通しを良くしておく対策も利点になります。

インテリア

専門の業者なら経営のノウハウを教えてくれる

見通しの良いデザインの駐車場は、不審者が侵入しにくいメリットがあります。自宅のガレージでは、通行人の視線を避けるための目隠し効果も必要になりますが、賃貸借契約の駐車場は、全面的に見通しの良いフルオープンな間取りでデザインされた設計のほうが好まれます。夫婦それぞれがマイカーを所有したいときに自宅の駐車スペースが一台分の場合は、自宅に近い立地が求められます。住宅地を観察して、ガレージ施工が一台分のスペースが多い設計ならば、地域の住民からの需要にこたえながら経営しやすくなります。都心部での経営案件の豊富さよりも、郊外の住宅地での施工事例が豊富な専門の業者が心強いのは、周辺の住宅地や分譲地を熟知しているからです。地域性に合う経営が、駐車場の収益を高めるコツです。