不動産投資は慎重に行おう〜口コミから分かる保険の重要性〜

女性

震災の多い日本国内で不動産投資をするのであれば、保険に加入しておきましょう。災害以外にも様々な保険があるので、体験談を参考に加入しておくべき保険を見極めましょう。

口コミ一覧

地震や火災保険を業者と相談して選びました

賃貸アパートを一棟単位で購入し、経営しています。自然災害が発生したときの補償のために、どのような対策をすれば良いのか、不動産投資会社に相談しました。耐震チェックを行い、必要な補修工事が済んでいる投資物件でしたから、地震に関しては安心していたのですが、火災が発生したときのリスクには無防備でした。火災保険は建物の所有者として加入が義務付けられていますが、補償範囲が限定的でした。水廻りのトラブルや、竜巻被害などが火災保険で補償されている一方で、たとえ火災であっても発生原因が地震の場合は補償の対象外と分かったからです。地震が原因で発生した火災が、火災保険の補償範囲の対象外であることは知りませんでしたので、勉強になりましたし、不動産投資だけでなく自宅も地震保険に加入しておきました。40代女性

空室のリスクを負わないために清掃などを管理業者に任せています

不動産投資は収益がなければ成立しなくなってしまいますので、収益を確実のものにするための対策を定期的に不動産会社に相談しています。できるだけ経費を節約したいと考えていますが、物件管理は不動産会社のアドバイスに従うようにしています。入居者が正装を心掛けるのは基本的に室内なので、廊下や階段の共用部と敷地内スペースの清掃は、清掃業者の管轄になります。清掃業者は不動産の管理会社が決めるので、清掃の仕方で評判が悪いと入居者の退去原因になりかねません。衛生害虫は屋外から進入するケースが多いので、敷地内の枯葉の除去や草抜きは重要です。ゴミ捨て場の衛生管理も徹底してもらうようにしています。清掃に重点を置いた管理を心掛けるようにしたところ、空室になりにくくなり、安定した賃貸経営ができています。50代男性