不労所得を得るために始める

収入を増やすといっても、限られた時間の中で働いてその分収入を得るのには限界があります。そのため、みんな試行錯誤して投資の方法を探しているのです。そんな中でも不動産投資は手堅い投資法として注目されています。

投資用マンションの購入はサラリーマンに最適!

マンション

サラリーマンに人気な投資法

不動産投資といえば、一棟マンション購入という手法もありますが、区分マンションを投資用マンションとして購入し、運用するという方法はサラリーマンに特に人気があります。
しかもサラリーマンは融資が受けやすいので、投資用マンションを購入するのに最適な立場だといえます。社会的信用がある人にしか銀行は融資しません。会社という後ろ盾があるサラリーマンだからこそ、不動産投資がしやすいのはこういった理由があるからです。

他にもある物件の種類

  • 区分店舗
  • 区分事務所
  • 一棟アパート
  • 一棟マンション
  • 一棟雑居ビル

リスクヘッジは必須

いくら不動産投資はミドルリスクミドルリターンの投資だからといって、リスクがないわけではありません。経験者やセミナーに通うことで、より安全な投資をしていくことが大事です。

ポイントごとに気を付ければ投資が成功する!

マンション

魅力的な物件を購入する

リスクが少ない物件のことは知識として知っておいたほうがいいですが、メンテナンスや店子の募集などの努力は継続して行なわなければなりません。そのためには情熱を傾けられる物件を選ぶべきなのです。

物件に対して興味をもつ

サラリーマンの人だと日常の業務が忙しいので、不動産投資業者に任せっぱなしになる傾向にあります。物件探しからどうメンテナンスするか、いつ売却するのかポイントには積極的に関わりましょう。

心配しすぎない

リスクヘッジを気にしすぎてなにも行動できないのであれば本末転倒です。成功体験談などもチェックしておき、自分の身の丈に合った投資方法をしていきましょう。そのためには勉強が必要です。